Challenge Java EE !

Java EEを中心に趣味や仕事における開発メモを書いています。

番外編 wishlistを公開してみました(^^;

多分ブログ書き始めてから一番技術と関係ないエントリ……。

11月頭に書いた以下のエントリが、過去最高のはてブになったのですが、本の出版よりも余談のほうに反応が…(^^;

火事に巻き込まれた後は、ホテル、ウィークリーマンションを経てようやく新居に移り、おかげ様でだいぶ落ち着いてきました。

また色々な方からご心配など頂き、温かいお言葉も多々。感謝感謝です(^^)

で、wishlist公開を!と色々な方からお言葉頂いたので、作ってみました!!

- 学習ほしいものリスト
- 漫画ほしいものリスト
- 趣味ほしいものリスト
- 生活ほしいものリスト

なんか不幸ネタでこういうのどうなのかな…って悩みましたが(^^;気軽にやりなよ、と言って頂いたりしたので、ありがたく。

以下は思い出アルバム代わりに掲載…

火の熱気ってすごいみたいで、電気のカバーが縮んでました(^^;
f:id:kikutaro777:20141211222337j:plain

これは窓横のソファで、実はここで寝てました(^^;;ホント危なかった。
左上に映ってる黄色い物体は、なんとファブリーズですw
f:id:kikutaro777:20141211222449j:plain

書籍は一部焼失で多くが生きてはいたのですが、消防さんが部屋中に放水されたようで、全部水浸し…。技術本は愛着もあるし寂しいですね。
意外と高いですし。もうこれを機に紙の書籍は買わない…かな。。。
f:id:kikutaro777:20141212211752j:plain

大好きな堀北さんグッズ類も、雑誌系はほぼ水没で全滅 orz
このへんのハイウェイウォーカーなんて、昔ヤフオクで集めたレアものだったりするのだけど…(T_T)サイン付の写真集なんかもかなり痛手ですね。。。
捨てがたくてずっと置いてたのですが、カビてきてしまったりして、全て捨てました…(T_T)
f:id:kikutaro777:20141212211757j:plain
f:id:kikutaro777:20141212211804j:plain

漫画も結構持っていたのですが…さようなら…。
f:id:kikutaro777:20141212212509j:plain

最近の口癖は「燃えたら…灰になってゴミだな」だったり(^^;

というのは冗談ですが、まぁ色々失われても、命あって本当に良かったなと。
幸い、近隣全員無事だったし。

原因は放火の可能性あり、らしいですが、消防署に聞いても「個人情報に関わるので出火元の方にしか原因は伝えられません。もらい火の方には教えられません」とのこと……そうですかー。

ということで、火災保険のみ(あと会社からお見舞い金などは頂きました。ありがたやありがたや)
皆さん、保険大事ですよ…。

保険のMax金額が低めで、火事よりも驚きました(^^;;;

PrimeFacesのGrid CSSが動かなくてハマった

PrimeFacesのバージョン5.1で新しく入った「Grid CSS」では、JSFでも手軽にレスポンシブWebチックなレイアウトができる機能(コンポーネント?)です。

例えば2つのテーブルをpanelGridで横並びに置いてみると、次の表示になります。
f:id:kikutaro777:20141202220721j:plain
Faceletsは次のような定義です(管理Beanは省略)

<p:panel header="画面名">
    <h:panelGrid columns="2">
        <p:dataTable var="actless" value="#{mitsumoriConfigBean.actlessList}">
            <p:column width="30">
                <p:selectBooleanCheckbox />
            </p:column>
            <p:column headerText="女優名">
                <h:outputText value="#{actless}" />
            </p:column>
            </p:dataTable>
                <p:dataTable var="book" value="#{mitsumoriConfigBean.photoBookList}">
            <p:column headerText="写真集名">
                <h:outputText value="#{book}" />
            </p:column>
        </p:dataTable>
    </h:panelGrid>
</p:panel>

この表示でブラウザの横幅を縮めていくと
f:id:kikutaro777:20141202221058j:plain
こんな感じにテーブルの幅が小さくなって横並びのままです。

で、Grid CSSを使うと次のような初期表示から
f:id:kikutaro777:20141202221212j:plain
縮めていくと、あるタイミングで次のように1つ目のテーブルの下にまわりこみます。
f:id:kikutaro777:20141202221243j:plain
Faceletsは次のような感じで、最初のdivにある「ui-grid-responsive」がレスポンシブの指定となります。

<h:outputStylesheet name="grid/grid.css" library="primefaces" />
<p:panel header="画面名">
    <div class="ui-grid ui-grid-responsive">
        <div class="ui-grid-row">
            <div class="ui-grid-col-6">
                <p:dataTable var="actless" value="#{mitsumoriConfigBean.actlessList}">
                    <p:column width="30">
                        <p:selectBooleanCheckbox />
                    </p:column>
                    <p:column headerText="女優名">
                        <h:outputText value="#{actless}" />
                    </p:column>
                </p:dataTable>
            </div>
            <div class="ui-grid-col-6">
                <p:dataTable var="book" value="#{mitsumoriConfigBean.photoBookList}">
                    <p:column headerText="写真集名">
                        <h:outputText value="#{book}" />
                    </p:column>
                </p:dataTable>
            </div>
        </div>
    </div>
</p:panel>

ui-grid-col-6とかいうのは、横幅が12区画に分かれていて、左に6区画、右に6区画といった指定になっています。これは自由に変えられて、4区画と8区画とか、2区画を6個とか色々できます。

そのイメージでPrimeFacesのShowcaseをみるとイメージしやすいかなと。

http://www.primefaces.org/showcase/ui/panel/grid.xhtml

で、当初Showcaseのサンプルをみながら、そのまま書いてたのですが、全く動かず…。

別にエラーになるわけでもないので、全然わからなかったのですが…調べてみたら

安定のStackOverflow(^^;

ということで、上記サンプルのfacelets冒頭に入れたcssの宣言が必要でした。

<h:outputStylesheet name="grid/grid.css" library="primefaces" />

この辺はドキュメントかサンプルにも明示しておいてほしいなぁ…。

JavaFX Nightに参加しました~ #javafx_ja

最近、勉強会に参加しましたエントリしか書いてない気がするのですが…(^^;

昨日11/25に行われた「JavaFX Night」に参加してきました。

JavaFX Night - 日本 JavaFX ユーザグループ | Doorkeeper

ここ最近JavaFXを触っていないのですが、いつか仕事で使ってみたいと思っているのでネタ収集はしていかないと。

発表はスライドが公開されているのと、@yusukeさんによって早くもYouTubeに動画がアップされているので、参加できなかった方はそちらでみれます!!以下スライドと動画リンクもまとめておきます。

JavaFXにダイアログがやってくる @btnrougeさん

@btnrougeさん講演動画
JavaFXにダイアログがやってくる #javafx_ja #jjug - YouTube

Twitter上で多数「なんで今までダイアログなかったんだ…」とつぶやいてるのが見えたのですが(^^;

やはりGUI作る上では欲しいですよね。

仕事で使う場合には、標準としてダイアログがないと上司が「は?ダイアログもないやつ使うな」とか言いそうで不便かなと。

それにしても蓮沼さんってJava SE, EEそしてJavaFXと、なんでこんな守備範囲広いんだ…すごいなぁ。

HeapStats loves JavaFX @YaSuenagさん

@YaSuenagさん講演動画
今さらはじめるJavaFX 北面 正英 @mshdktom #javafx_ja #jjug - YouTube

Java障害解析支援ツール「HeapStats」のアナライザをSwingからJavaFXへ移行したというお話。

プラグインで新たな機能を追加できる(画面的にはタブで)という仕組みが興味深かったです。これ絶対便利そう!

デモをみると、グラフがきれいで、やはりJavaFXいいなーと。

発表内容の後半は、実際の開発における苦労話もあって、細かい所では色々大変なんだなぁと。

とても勉強になりました。

Bind Me Softly @skrbさん

@skrbさん講演動画
Bind Me Softly 櫻庭 祐一 @skrb #javafx_ja #jjug - YouTube

日本で一番JavaFXについて詳しく書かれている「JavaFX 2で始めるGUI開発」の著者である櫻庭さんからのお話。
「JavaFX 2で始めるGUI開発」は以下ITProの「Java技術最前線」連載の中にあります(^^)って多分JavaFX書いたことある人なら一度はみてるはず。

前にJavaFXで遊んでいたときはバインドを知らなくて全然触っていなかったのですが、この話を聞いたら「めっちゃ便利そう!」となりました(>_<;

スライドの12ページとか14ページとかでスライダーを例にしたデモ(デモといっても、櫻庭さんのスライドはJavaFXで作られているので、スライドの中でそのまま動いているというww)とかみると「おおー」ってなりますね。是非動画で確認を!

プロパティとバインドの話は上記連載の中にもあるので、改めて全部じっくり読まねば(>_<;

LT

最後は2本のLTでした。

@mine_neckさんによる「サーバーサイドJavaFX」のお話。

jettyのServletからJavaFXをキックして音楽鳴らすという試みの話でした。
クラウドの音楽サービスの名前メモし忘れました(^^;;

@mshdktomさんから「今さらはじめるJavaFX」のお話。

初LTとのことでしたが、落ち着いて発表されててすごいなーと。私もJavaFX初心者な中、JavaFX勉強会で発表させて頂いたのですが、緊張しっぱなしだった記憶が(^^;
(ピンマイクつけたまま席戻ってしまった苦い思い出が)

LTの中でアプリ配信の仕組みがあれば~という話をされていて、個人的に.NETのClickOnceを思い出して以下つぶやいたのですが、Web Start使えばとコメント頂きました。なるほどー。

JavaFX Advent Calendar 2014

ということで、まだJavaFXを触ったことがない方も、触ったことがあることも、JavaFX Advent Calendarに登録してJavaFXを楽しみましょう~!

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Javaへ
にほんブログ村
QLOOKアクセス解析