読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Challenge Java EE !

Java EEを中心に趣味や仕事における開発メモを書いています。

PrimeFacesのTimelineコンポーネントで1年を振り返ろう!

この記事は「Java EE Advent Calendar 2016」の8日目の記事です。
昨日は@sudoyuさんの「Spring系の2016年の現行プロジェクトをまとめてみる」でした!
明日は@megascusさんです!

自分にとってJava EE Advent Calendarは中々思い入れの強いイベントです。というのも、はじめてお誘い頂いた当時の自分は「アドベントかれんだー?なにそれ…おいしいの?」って感じでして、、

で、はじめて書いたAdventが

kikutaro777.hatenablog.com

です。2012年か…懐かしい。

atnd.org

ということで、4年を経て、改めてPrimeFacesで書いてみます。

実はPrimeFacesは、今もまだしっかりと継続して機能拡張が続いています。バージョンは6.0で、これはOSS版として誰でも自由に使えます。もう1つelite版という有償版があるのですが、そちらは6.0.8となっています。

バージョン6.0が出たとき、いくつかコンポーネントが追加となりました。

PrimeFaces 6.0 Released |

といっても元々PrimeFaces Extensionにあったコンポが統合された形なのですが。6.0.8ではOrganigramなど新しいコンポが増えてたりして、まだまだ拡張されそうです。

ということで、6.0で増えたTimelineコンポーネントというのを使って、自分のこの1年の仕事を振り返ってみました。

f:id:kikutaro777:20161207225040j:plain

うん。色々と心が折れるに十分な1年でしたね。

ソースはこちらにあるので、是非皆さんも1年をJava EEのコードで振り返ってみてください!

github.com

ちなみに、こんなカラフルにしたり

f:id:kikutaro777:20161208000649j:plain

左にある項目をドラッグ&ドロップで投げ込んだり

f:id:kikutaro777:20161208000713j:plain

上下のTimelineで連動させたり

f:id:kikutaro777:20161208000907j:plain

意外と多機能なコンポーネントとなっています!!

Java EE Advent Calendar 2016の8日目が空いてしまってたので、急きょ入れたため、非常に雑なネタとなってしまいました。すみません…。