読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Challenge Java EE !

Java EEを中心に趣味や仕事における開発メモを書いています。

CDIのStereotypes

CDI

仕事でいつから使えるようになるのかわからないJava EE 7ですが、Java EE 7 Essentialsをコツコツと読んでいます。

Java EE 7 Essentials
Java EE 7 Essentials
posted with amazlet at 14.08.11
O'Reilly Media (2013-08-14)

で、CDIの所でStereotypesなるものが出てきました。個人的にはあまり聞きなれず。

ぐぐってみたら、きしださんの以下エントリで@Stereotypeでアノテーションがサラっと触れられてました。

きしだのはてな Java EEのCDIで定義しておくと便利なプロデューサーとインターセプター

まとめる、ってなんだろう?と思って触ってみたら、ホントにCDIのアノテーションをまとめる機能でした(^^;

例えばCDI管理Beanでこんな定義があったとして

@Named
@RequestScoped
@Transactional
public class IndexBean implements Serializable{
    //定義
}

まぁ割と普通なのですが、これが以下のように書けたりします。

@MyStereotype
public class IndexBean implements Serializable{
    //定義
}

で、別途以下の修飾子を定義し、ここで使うアノテーションをまとめておく形です。

@Stereotype
@Named
@Transactional
@ViewScoped
@Retention(RUNTIME)
@Target(TYPE)
public @interface MyStereotype {
}

ってか、別にJava EE 7関係なく、Java EE 6でもあったんですね(^^;
Tutorialがひっかかりました。
http://docs.oracle.com/javaee/6/tutorial/doc/gkhqc.html

Alcでstereotypeを調べると色々意味がありますが「過度に単純化した概念」辺りがピタッと来る感じです。
http://eow.alc.co.jp/search?q=stereotype

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Javaへ
にほんブログ村