読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Challenge Java EE !

Java EEを中心に趣味や仕事における開発メモを書いています。

CloudBeesでWildFly 8 with SendGridを使ってみました

CloudBees WildFly

CloudBeesのメニューみてたら

  • Wildfly 8 with SendGrid
  • Tomcat 7 with SendGrid

なんてものがありました。

f:id:kikutaro777:20140331223413j:plain

無料枠で普通に使えるので、ちょっと触ってみました。

SendGridメールを利用するには、事前に設定が必要ですが、以下のように非常に簡単でした(^^;

画面右上の設定メニューから、以下設定画面が表示します。

f:id:kikutaro777:20140331223822j:plain

上の画面は既に登録した後ですが、「Added Services」の枠にある「Go to Ecosystem」を押すと以下のようなメニューが表示されます。

f:id:kikutaro777:20140331223907j:plain

知らないものが多いのですが…(^^;

とりあえずSendGridを選択します。
で、今回はFreeを選択。

f:id:kikutaro777:20140331224010j:plain

以下ダイアログが表示されるので「Continue」を押します。

f:id:kikutaro777:20140331224147j:plain

で、メールアドレスを入力

f:id:kikutaro777:20140331224341j:plain

これだけで設定は完了です。

f:id:kikutaro777:20140331224404j:plain

で、最初のメニューに戻って「Wildfly 8 with SendGrid」を選択。

f:id:kikutaro777:20140331224453j:plain

適当にアプリケーション名を入力します。

f:id:kikutaro777:20140331224546j:plain

終わり(^^; これでGitリポジトリとJenkinsの自動ビルド、WildFlyのアプリサーバが立つんだからすごいよなぁ。

f:id:kikutaro777:20140331224645j:plain

f:id:kikutaro777:20140331224742j:plain

アプリにアクセスすると、以下のデモサンプルが表示されます。

f:id:kikutaro777:20140331224825j:plain

送信先のメールアドレスを指定して、メッセージをいれて

f:id:kikutaro777:20140331225104j:plain

送信すると

f:id:kikutaro777:20140331225118j:plain

おー。あっさり!!

元々、中身がどんな感じなのか見てみたくて触ったのですが、とりあえず今日は落としただけ(^^;

f:id:kikutaro777:20140331225640j:plain

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Javaへ
にほんブログ村