読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Challenge Java EE !

Java EEを中心に趣味や仕事における開発メモを書いています。

はじめてのWindows Azure ~knife-azureでVMの作成・削除~

Chef knife-azure Windows Azure Ubuntu

1月はWindows Azureの無料期間なので、まだまだ学び(遊び?)ます。

昨日書いた「はじめてのWindows Azure ~Chefのプラグインknife-azureの設定~」にて、knife-azureが使えるようになったので、今日はknife-azureを通じて、仮想マシンの作成や削除をしてみました。

ちょっと時間なくてネタ的にはしょぼい…(^^;

ちなみにブログタイトルに反してJava EE全然関係ないじゃん!と思われるかも…ですが、現在の目標は、Windows Azureでknife-azureにて仮想マシンを立てて、chef-soloでGlassFishの環境構築の自動化を目指しています。なので、一応関連ありです(^^;

Knife AzureからUbuntu Linuxの仮想マシンを作成

※昨日までtera-term使ってましたが、今回は別のWindowsマシンでgnupackのminttyからsshを使ったため画面キャプチャが少し違います。

Azureで利用可能なマシンイメージの一覧は

knife azure image list

で取得できます。今回はその中から

f:id:kikutaro777:20140109172218j:plain

を使ってみます。

仮想マシンの作成は簡単でknife azure server createコマンドにオプションを指定するだけでした。

knife azure server create --azure-dns-name 'TestUbuntu1234' --azure-service-location 'East Asia' --azure-source-image b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_10-amd64-server-20140108-en-us-30GB --ssh-user 'hogehoge' --ssh-password 'hogehoge'

hogehogeの部分は真面目に入れて下さい。こうすると以下のように

f:id:kikutaro777:20140109171523j:plain

処理が始まり、Azureの管理画面をみると

クラウドサービスがデプロイされて

f:id:kikutaro777:20140109171529j:plain

仮想マシンも「開始中」となり

f:id:kikutaro777:20140109171534j:plain

しばらくすると「実行中」になりました。

f:id:kikutaro777:20140109171543j:plain

処理が完了すると以下のようにレポート表示されました。

f:id:kikutaro777:20140109171539j:plain

完成までが、あっさりすぎる(^^;

sshで接続してみます。

f:id:kikutaro777:20140109171550j:plain

普通にログインできて、ちゃんとUbuntu Linuxの仮想マシンができてる(^^)便利すぎる。

余談ですが、knife azureのserver createコマンドで、最初「--ssh -user」と半角スペースを入れてたのですが、気づかなくて以下エラーとなって、メッセージから原因が類推できず悩んだりしました(^^;

<span style="font-size: 80%">/var/lib/gems/1.9.1/gems/mixlib-cli-1.4.0/lib/mixlib/cli.rb:229:in `parse_options': ambiguous option: --ssh (OptionParser::AmbiguousOption)
        from /var/lib/gems/1.9.1/gems/chef-11.8.2/lib/chef/knife.rb:300:in `parse_options'
        from /var/lib/gems/1.9.1/gems/chef-11.8.2/lib/chef/knife.rb:280:in `initialize'
        from /var/lib/gems/1.9.1/gems/chef-11.8.2/lib/chef/knife.rb:172:in `new'
        from /var/lib/gems/1.9.1/gems/chef-11.8.2/lib/chef/knife.rb:172:in `run'
        from /var/lib/gems/1.9.1/gems/chef-11.8.2/lib/chef/application/knife.rb:133:in `run'
        from /var/lib/gems/1.9.1/gems/chef-11.8.2/bin/knife:25:in `<top (required)>'
        from /usr/local/bin/knife:23:in `load'
        from /usr/local/bin/knife:23:in `<main>'</span>

「--ssh-user」が正しいです。

Knife AzureからUbuntu Linuxの仮想マシンを削除

今度は作った環境をKnife Azureから削除してみます。

knife azure server delete "TestUbuntu1234" --azure-dns-name "testubuntu1234"

と入力すると、本当に消してよいか?のメッセージがでました。

f:id:kikutaro777:20140109171553j:plain

「y」でyesとすると

f:id:kikutaro777:20140109171557j:plain

2個目のwarningは--purgeオプションを使うと消えるのかな(^^:この辺がまだ理解できていないです。

Knife Azureコマンド

コマンドやオプションについては

辺りが詳しいので、これからコツコツ触って理解していきたいと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Javaへ
にほんブログ村