読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Challenge Java EE !

Java EEを中心に趣味や仕事における開発メモを書いています。

Arquillian Persistence ExtensionでMicrosoft SQL Server 2008 R2のDBを使う場合

Arquillian Internal Repository Maven GlassFish

本開発に入る前に試していたArquillian Persistence Extensionは主にApache Derby(JavaDB)を利用していました。
※Arquillian Persistence Extensionとは何か、に関しては過去エントリ参照→「ArquillianPersistenceExtensionを触ってみる

で、本格開発に入って、Microsoft SQL Server 2008 R2を使うことになったのですが、組み込んでみた所…動かないっ。

原因は簡単で、Embedded GlassFishを利用しているのですが、MS SQLのドライバとなるsqljdbc4.jarの参照がないことのようです。

ShrinkWrapでdomainのlib配下にaddする…?とか色々考えてたのですが、ググった所、Arquillianのcontributorの方が以下pomを書いていて答えがありました。

mavenのローカルリポジトリにsqljdbc4.jarを登録すれば良いとのこと。

mvn install:install-file -Dfile=D:\Driver\JDBC\sqljdbc_4.0\jpn\sqljdbc4.jar -DgroupId=com.microsoft.sqlserver -DartifactId=sqljdbc4 -Dversion=4.0 -Dpackaging=jar -DgeneratePom=true -DcreateChecksum=true

試した所、無事動きました!

が、今朝Jenkinsからビルドエラーメールが来ていて、確認した所、構成管理サーバのJenkinsナイトリービルドでこけてました。

当たり前なんですが、ローカルリポジトリを構成管理サーバがみれないわけで…。
最終的にはinternal repositoryにsqljdbc4.jarを登録して無事終了です。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Javaへ
にほんブログ村