読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Challenge Java EE !

Java EEを中心に趣味や仕事における開発メモを書いています。

Jenkinsでビルドタスクごとに利用するJDKをスイッチする方法

Jenkins 64bit JDK

先日書いた「64bitのJVMで32bitのJNIライブラリを動かしたら…」の問題を一時対処するために、NetBeansのあるプロジェクトだけを32bitのJDKで実行するようにしました。が、今度はJenkins側で問題がありました(^^;

Jenkinsも64bitのマシンで64bitのJDKを入れていたので、当然64bitでテスト実行されます。
そうすると、NetBeansでは32bitでうまくテスト通過していたものが、Jenkinsの定期ビルド時に64bitで実行されて、テストでコケてしまう…という。

f:id:kikutaro777:20130207185302j:plain

Jenkinsのコンソール出力を確認すると…やっぱり「Can't load IA 32-bit .dll on a AMD 64-bit platform」のエラーが!

珍しくググらずに解決したのですが、以下手順で、Jenkinsのタスクごとに利用するJDKを選べるようになりました。Jenkinsホントすごい…。

最初、ビルド前処理でWindowsバッチコマンドの実行にてJAVA_HOME変えたりPATH変えたりしたのですが、駄目でした(^^;というか、以下のやり方に先に気づけば良かった。。。

「Jenkinsの管理」を選択します

f:id:kikutaro777:20130207185316j:plain

「システムの設定」を選択します

f:id:kikutaro777:20130207185322j:plain

元々定義していたJDKに加えて、スイッチしたいJDKを定義します

ここが複数書けることに気付いていませんでした(^^;

f:id:kikutaro777:20130207185328j:plain

※あ…ブログ書いてて気づいたけど、64bitのほうのバージョンが古い…(-_-;これはすぐアップデートせねば。イントラのみですが、一応。すいません…。

ビルドのタスク設定で追加したJDKを選択します

f:id:kikutaro777:20130207185438j:plain

JDKのプルダウンが出てきたー!って感じで会社デスクで一人感動してました(笑)すごいー。

ということで、このタスクだけ32bitのJDKで動かすことができ、無事Jenkinsでのビルド&自動テストが通りました(^^)満足

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Javaへ
にほんブログ村